AKB48のまとめ集

AKB48のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

佐藤朱Sato Akari 5743

佐藤朱 - 佐藤朱

佐藤 朱(さとう あけみ、1980年5月16日 - )は、日本の女性声優。青二プロダクション所属。秋田県出身。青二塾東京校20期生卒業。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・佐藤朱のまとめ集

Twitter (#佐藤朱)

15分前

@karanodasshutsu

佐藤朱さんなかなか進まない
2時間前

@karanodasshutsu

本日、佐藤朱さんに会えたのは本当に良かった
2時間前

@rookmin39

佐藤朱ちゃんに3回行ってしまった😜
2時間前

@faifai_mocchi_

佐藤朱さんのレーン、両隣に御供ちゃんきららちゃんを従えて事実上の"ママ"だ
2時間前

@no3bsss

佐藤朱さん、ママみを通り越してまじ団地妻みがすーごい
4時間前

@rookmin39

佐藤朱ちゃんにジャンボ鶴田のお話しをしてしまった😓
5時間前

@lippiiiii77_URW

『あったか~い お家ごはん』 料理レシピカード AKB48 Team8① 坂口渚沙、横山結衣、谷川聖、佐藤朱

(^○^) 2ちゃんねる(佐藤朱)

佐藤朱の出演番組

7日後
『女神からのおくりもの~越前和紙の謎を解く~』
1/27 14:00~14:55 [BSフジ(Ch.8)]

佐藤朱の関連動画

2019/01/19
2019 01 07 AKB48 Team8 今夜は帰らない・・・ 【佐藤七海・佐藤朱・佐藤栞】
2019/01/19
AKB48 チーム8 佐藤朱 佐藤七海 清水麻璃亜 おばさん3人で御供茉白ちゃんを愛でてます!190118
2019/01/19
佐藤朱(AKB48チーム8/チームB) SHOWROOM 2019.1.19
2019/01/19
佐藤 朱(AKB48 チーム8)(2019年01月18日21時27分58秒~) 48G_Akari_Sato
2019/01/18
佐藤朱(AKB48チ-ム8/チ-ムB) SHOWROOM 2019.1.18

佐藤朱のQ&A

1年前
AKB48 Team8は、どうして似たような名前が多いのですか?
AKB48 Team8は、どうして似たような名前が多いのですか? 運営の戦略ですか? 「奥本陽菜」と「橋本陽菜」 「?橋彩音」と「?橋彩香」 「佐藤朱」と「佐藤栞」 あとは、 「山田菜々美..
2年前
なんで朝日新聞を取るんですか?
朝日新聞を購読されてる方に質問です。 尖閣諸島を奪って沖縄を奪って最終的には日本を乗っ取ろうとしている中国共産党の機関紙である朝日新聞のプロパガンダを読んで資金を提供なさる...
3年前
日本のさくらんぼとアメリカンチェリーどっちが好きですか?
日本のさくらんぼとアメリカンチェリーどっちが好きですか? おしトピ編集部から、みんなの疑問やゆる〜い雑談を質問します! -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*..
3年前
タイトルに「月」が入っている曲を教えてください!
タイトルに「月」が入っている曲を教えてください! おしトピ編集部から、みんなの疑問やゆる〜い雑談を質問します! -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*..
4年前
卓球に関する質問
中学からやり始めて今年で7年目です。 今のラバーは 赤はテナジー64 黒はモリストSP(表ラバー)です。 オールラウンダーでしたが、今後、カットに力を入れていきたいです。 バックドライ...
6年前
「大君の通貨」pp.36-37の記述について
佐藤雅美「大君の通貨」(文春文庫) 1刷の36〜37頁の内容が理解しかねます。 問題は以下の記述です。 --------------------- 「ところが日本では一リョウは四イチブ、一イチブ..
6年前
租税の変化について
租税が米から貨幣に変わったのはいつ頃なのか、 そもそも貨幣はいつ頃普及してきたのか、 教えてください

AKB48のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

AKB48について

AKB48(エーケービー フォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループである。

秋元康のプロデュースにより2005年12月8日に、東京・秋葉原を拠点として活動を開始した。運営会社および所属事務所はAKSで、所属レーベルはYou, Be Cool!/キングレコードである。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

公式blog

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク